Englishヘルプ



前画面へ戻る検索画面


東京都

国文学研究資料館(歴史資料): [収蔵者詳細]   立川市 (050)5533-2930 http://base5.nijl.ac.jp/~archicol/




山城国京都橘町柏原家文書
項目内容
識別記号ac1974203
資料記号F7403 F7505 F7607
標題山城国京都橘町柏原家文書
年代1730年~ 1889年
主年代
年代注記1730(享保15)年-1889(明治22)年
記述レベルfonds
書架延長/数量 / 66点
物的状態注記マイクロフィルム;66リール 3万4557コマ 226冊 564点
出所・作成柏原家
履歴柏原家は初代が寛永年間より小間物・呉服を営んだ商家であり、屋号を柏屋と称し、孫左衛門を世襲名とした。天和・貞享の間に江戸本町四丁目に進出し、小間物・呉服問屋として江戸十組問屋の内店組に属したが、逐次経営を拡大し、取次商品も木綿を中心に、塗物・紙・蝋燭などに及んだ。江戸店では年に一度勘定報告の書類を京都本店に送り、それを元に本店で総決算を行った。収集史料の大半はこうした決算に関わる史料類である。

(関係地) 山城国京都問屋通り五条下ル橘町西側‐京都府京都市東山区問屋通り五条下ル西橘町[現在]
(主題) 呉服商‐太物問屋
(役職等) 呉服商‐太物問屋
伝来洛東遺芳館(京都市東山区)
入手源洛東遺芳館
範囲と内容収集史料は、本店・支店の決算簿が大半であり、京本店の決算帳簿「京都店勘定目録」は1730(享保15)年から1889(明治22)年まで、日本橋通壱丁目塗物店(黒江屋太兵衛名義)から京都本店に提出された決算簿「塗物店勘定目録」は1775(安永4)年から1890(明治23)年まで、また、江戸本町四丁目店の勘定目録「江戸本町店勘定目録」は1695(元禄8)年から1884(明治17)年まで、さらに系列店である紙店(新両替町松阪屋半右衛門名義)からの勘定帳「紙店勘定目録」は1781(天明元)年から1863(文久3)年まで、それぞれほぼ連年揃っている。このほかに条目、家法、店則類、および本店居宅の拡張を跡付ける京都の沽券状などがある。
評価選別等スケジュール
追加受入情報
整理方法
利用条件
使用条件
使用言語JAPANESE
物的特徴および技術要件
検索手段マイクロ収集史料目録
原本の所在洛東遺芳館(京都市東山区)
利用可能な代替方式
関連資料
出版物同家については、立石政男「近世京都商人の商業経営について−柏原家の店則より見た江戸店の経営方針および商人意識について−」(『立命館経済学』第5巻5号、1956年)がある。
注記
収蔵名称国文学研究資料館(歴史資料)
更新日2007/12/28 15:17:39







 Copyright © National Institute of Japanese Literature All Rights Reserved.